1. 4月の雪歌詞

「4月の雪」の歌詞 林原めぐみ

2007/4/21 リリース
作詞
岡崎律子
作曲
岡崎律子
文字サイズ
よみがな
hidden
ちらちらと しろゆきが レンガのみち
ちては ほら、けてえるよ

いきくもるガラスに 指先ゆびさき
とおそら ひとり見上みあげている

4月しがつおそゆきはる気配けはい
じらされて ためいきがひとつ

たのしいばかりじゃないよ ときには そう、自分じぶん
とてもとてもちいさくおもえる
ねぇ、だれもそうだよ なみだや いたみ
それぞれのむね うけとめて まよっている

ひらひらと はなびら しろゆきおど
にぎわうまち 今日きょうからはるのフェスタ
もうすぐだよ ておいでよ うつむいていないで
さむくないよ はるはすぐそこ

歩道ほどうわき花壇かだん きかけたはな
あたたかな陽射ひざちぼうけね

ひと笑顔えがお しあわせのかず
わたしだけ さみしいのはなぜ

つらくなることもあるね だけどそんなときにも
微笑ほほえむことわすれちゃいけない
そうよ、おもしてね だれにもきっと
味方みかたがいるの あなただけ ていてくれる

っていたよ ずっとてたよ なみだかくす場面とき
いつも大変たいへんきてくってことは…
さむよるとおみちも なげださずにきたね
ときはめぐる はるはすぐそこ

ラララ…

ちらちらと しろゆきが レンガのみち
ちては ほら、けてえるよ
ておいでよ さむくないよ 4月しがつはじめのゆき
もうはるだよ ふゆにさよなら

ラララ…