「芝浜ゆらゆら」の歌詞 林家たい平

2006/10/18 リリース
作詞
マシコタツロウ,林家たい平
作曲
マシコタツロウ
文字サイズ
よみがな
hidden
突然愛とつぜんあいまえちてきて
まぶしいひかりのような 潮風吹しおかぜふ浜辺はまべ
あのがいるしあわせな時間じかん
あっというにまた早足はやあしぎてゆく
なにもかもそのままに あのったよ
がらこころ

パッとめたゆめあまこいはなし 芝浜しばはまゆらゆら
びたあのかげまでつかまえられたのに
やっとえたふたり つらいさよならさ
芝浜しばはまなみかえすあのおも
またゆめにならないように

ちょうど今日きょうもあのおなそら
天秤雲てんびんぐも背中せなかまたがった ぼく一人ひとり
おもわせぶりのあめきべそをかくすから
かまわずらせよ」

パッとめたゆめあまこいはなし 芝浜しばはまゆらゆら
びたあのかげまでつかまえられたのに
やっとえたふたり つらいさよならさ
芝浜しばはまなみかえすあのおも
またゆめにならないように

グッときしめてた くちづけかわしてた 芝浜しばはまゆらゆら
きっとこたえなんてない 理由りゆうさえいらない
だってきだったよ あのとさようなら
芝浜しばはまなみを いつかぷかぷかおよいで
またゆめにならないように