「濡れた羽根」の歌詞 柴咲コウ

2005/12/14 リリース
作詞
荘野ジュリ,松井五郎
作曲
Jin Nakamura
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼく名前なまえぶのはだれ?
おもわずみみふさいだ
あめたれてふるえるとり
それはぼくらにていた

どこかに どこかに
居場所いばしょしくて
からだそこからあふれるなみだ
きみというしあわせ もどかしくなるのは なぜ

羽根はねひろげれば このこころ
もう一度飛いちどとべるのに
こえくらい とどけたい
きみがいるだけで このそら
いつも 何処どこかへつづ
もしそのさき明日あしたがあるなら

かわいた皮膚ひふやぶろうと
孤独こどくつめをたててる
きみにがした 記憶きおくもり
ぼく自由じゆうわれた

何度なんど何度なんど
おなゆめ
ひかりにした二人ふたり
きしめあう刹那とき すぐめるのは なぜ

とおながされてながされて
たどり世界せかいには
どんな夜明よあけがあるだろう
くもまよすこしずつ
はなれてしまうのなら
見送みおくるための 笑顔えがおください

あめたれてふるえるとり
それはぼくらにていた