「百年後」の歌詞 柴咲コウ

2009/11/18 リリース
作詞
柴咲コウ
作曲
崎谷健次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
えかけた 蛍光灯けいこうとう
うつむいてあるくきみ
くたびれたアパートに
うし姿すがた

かたむいたトタン屋根やね
パタパタとおとたてる
きべそのわたしあたまでる

きみのあやまりの一言ひとこと
いたとき ハッとした
たとえば 10年後じゅうねんごにもし
2人ふたりがこのまま

たがいをうやまえず
気遣きづかえなくなるなら
うつくしいまま「過去かこ」にしたほうがいい

ときとしをとり
あこがれもうす
わかかりしころおも
すこしずつわすれる

そんなおとずれることに
おびふるえる
わたししずかに見据みすえ つぶやく

きみのまっすぐな一言ひとこと
いたときにづいた
こんなわたしをなだめてくれるのは
きみだけ

ながくない一生いっしょうなか
よろこびのきみ
はなれること それは
きていないとおなじこと

百年後ひゃくねんご、このにはいなくとも
たがいを おも
できた しあわせのあかし
あたらしいいのちなか宿やど