「ほんのちょっと」の歌詞 柴田淳

2002/3/20 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
大事だいじ順番じゅんばん一番いちばんは いつもあなただった
でもあなたはわたしを いつも一番いちばんにしてくれない

それなりに おたがいに共鳴きょうめいしてても えない
ゆずれない うばえない なにかがあること 気付きづいていた

そばにいるのにれないさびしさ あなたを全部手ぜんぶてにできない
ほんのすこしだけのあなたを わたし心全こころすべてであいした

胸躍むねおどるようなこいがもしもあるなら それはあなたと出来できなかった
毎晩泣まいばんなつづけて むねけそうでも
かなしいくらいキレイだった あのこい

一枚いちまい写真しゃしん二人ふたり時間じかんおぼえている
二人ふたりはなれたって そこにあるおもいはまったまま

いたいときえない関係かんけいかならわりがるのよ。”
どこかでみみにした言葉ことばわたしいまもずっとわすれない

かえってはくれなかったあなたのうし姿すがた息絶いきたえたの
める言葉ことばなら 沢山たくさんあるはずなのに
いとしいくらいだまっていた 最後さいご瞬間とき

夢見ゆめみてるようなこいがもしもあるなら いつかだれかとてみたいな
おもたび むねあつくなるこいじゃなくて
かなしいくらい わすれられないこいじゃなくて