「宿り木」の歌詞 柴田淳

2009/11/4 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
うれびたまま からいた
ながかみはまだ だれかのいろ

ゆめからめて まぼろしからめて
わたしはいつから
ゆらゆらとれて つるばしていた
どこかへ

むほど だれかをあいしていたの
千切ちぎられた
わたしからだごと らしていった
ふたた芽吹めぶく そのまで

何度目覚なんどめざめても かなしいあさ
これがたしかに わたしいま

きしめてるように 首絞くびしめているように
だれかの面影おもかげ ゆらゆらとかべ
きずふさがずに のこした

むほど だれかをあいしていたの
はらわれた
おもうことさえ ゆるしてくれない
ふたた宿やどれる そのときまで

むほど あなたをあいしていたの
千切ちぎられたこころ
わたしからだごと うばっていった
ふたた芽吹めぶく そのまで

ふたた芽吹めぶく そのまで