1. 星の余韻歌詞

「星の余韻」の歌詞 柴田淳

2002/3/20 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
幾千いくせんあい言葉ことば くれるのなら
その言葉ことばえるまでの時間じかん
だまって ただとなりにすわっててくれるほうが
いまはずっとうれしいけど

えないあなたからのメールが 今日きょう
ながぼしになってとどいてる…

あなたにえずながしたなみだかず
夜空よぞらほしかぞえたら りなくなった
仕方しかたないのかるし こまらせたくはないけど
もうそろそろ限界げんかいかもよ

あなたはわたしおも半分はんぶんあいしてる?
そばにあるやさしさに けちゃいそう

もし 今見いまみてるほし存在そんざいしないなら
あなたがてるほしは あるのかな

ながぼしたくした “もうたないから。”
わたしさびしさの場所ばしょへとかってた