「桜日和」の歌詞 柴田淳

2011/8/3 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしてもおもすことは かなしませたことばかリ
きみやさしかったぶんだけ 涙零なみだこぼれる

どうしてあいしてくれたの? こんな気分屋きぶんやぼく
いつもその綺麗きれいひとみぼくさがしていた

ゆっくりぎゆくのは なにもしないぼくだけだった…

けてくきみ姿すがたは もうばしてもとどかない
あとすこきみかんじていたくて
一目ひとめでいい きみいたくなる

最後さいごしあわせデートは 四月しがつ桜日和さくらびより
たりまえのようにうつくしい きみ笑顔えがお

どんなに高価こうかなものより きみとのおもたちは
キラキラかがやいて なにより大切たいせつ宝石ほうせき

街中花まちじゅうはなかせ はるきみみちびいていく…

ありがとうじゃりないくらい この気持きもつたえきれないよ
ぼくにくれたあいおおぎて
きみあいを どれほどこぼしただろう

さよならなんてわないから そこにいて ってて すこしだけ
つぎぼくきみしあわせにする
はなれないよ ぼくらは永遠えいえん

ありがとうじゃりないくらい この気持きもつたえきれないよ
手遅ておくれでも きみとどかなくても
ずっとうよ…

きみあいしてる