「泣いていい日まで」の歌詞 柴田淳

2008/6/18 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしのこと まもってくれたくつ
てられないでいた
どろだらけで 傷見きずみつめては
ありがとうね…

こんなふうに まもられてきていけたら…
つぶしたくつあらってた
そばにいて…

さびしいのはわたしだけじゃない
ずっとそうおもって みとめなかった
あまえるなと なみだこらえて
ひとり あるいてきたの

ちいさなのひらで
涙隠なみだかくして

しんじられるかしんじられないか だけ
それがものさしだった
あいされるようにあいしてごらん なんて
あなただけよ

下手へたくそな呼吸こきゅうでも つづけてるのは
小鳥ことりでさえたのしそうだから
わらってるから…

かなしいのはあなただけじゃない
ずっとそうって はげましてきたけど
つよひとつかれちゃったら
もういてもいいかな

もたれたかべいま
とてもやさしい

せつないのは あとどのくらい?
かかえきれぬほど むねいたいの
だれかにまた あまえられたら
ぎゅっと してくれるかな…

かなしいのはわたしだけじゃない
ずっとそうおもって わらってみせる
けるもんか なみだこらえて
ひとり あるいてゆくの

いつか だれかのむね
いていいまで