1. 道端歌詞

「道端」の歌詞 柴田淳

2005/3/30 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
くだった破片はへんひとつみたいに
それ自体じたいになんの意味いみもなくて
ころがってるだけのわたしがいるみたい
この街角まちかど

わたしいまここでこうしていること
だれててだれ気付きづいているの?
まれば怪訝けげんかお横目よこめ
とおぎていく

いつからそんなふうにわらわなくなって
近道ちかみちばかりをえらものになってしまったの?

れたをどうしてうれしいとおもっていたんだろう
とお青空あおぞら だれ見上みあげはしない

みつけていく その水溜みずたまりのなか
のぞいたのはいつのころのことか
ちいさなそら 足元あしもとつけたこと
宝物たからものだった

きみじゃなくてもいい。」そんな時代じだいなら
まだわすれていないおおきな宇宙うちゅうへとばたいていこう

足元あしもと青空あおぞらこわさないようにあるいている
あのころわたしいまもここにいるの

いつかこの青空あおぞらあかいと子供こども出会であったら
あかえるまで見上みあつづけるだろう

きれいなはなてきれいだとえるひとでいたい
雨上あめあがりのそらうれしいとおもうように