「風」の歌詞 柴田淳

2011/8/3 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
きみといつもいてた
あのうたうた
そこまでとどくように
かぜせてうたうよ

手招てまねきをされてるのは きっとぼくじゃなくて
だけど ねぇぼくんで そこに

けるように せないように
ふうめて かぎをかけたい
いまもずっと 明日あすもずっと
ぼくらはこのまま

きみおしえてくれた
あのはな言葉ことば
だれよりきだった
きみささけるよ

あさだけは 一度いちどだって裏切うらぎらずにるよ
だからねぇ またえると って

きみ笑顔えがおに くじけぬように
ためらわずに わらえるように
昨日きのうよりも 今日きょうつよ
明日あしたはそれより

きみといつもあるいた
このみちくよ
どこまでつづくのか
きみ辿たどくまで

うみそこそら彼方かなた
雨雲あまぐもこうのつきうら

きみといつもいてた
あのうたうたうよ
だれかにとどくように
かぜはこんでったよ