「HIROMI」の歌詞 柴田淳

2007/1/11 リリース
作詞
柴田淳
作曲
柴田淳
文字サイズ
よみがな
hidden
こんな幼稚ようちうそわった
二人ふたりつくったすべてが カラカラにかわいてく
見抜みぬかれてないとおもってる
その程度ていどしかつうえてなかった
仕草しぐさなりで とうにづいてたのよ

"きみ未来みらいのために きみ笑顔えがおのために
ぼくいますぐきみまえからえる" なんて
はっきりえばいいのに とおるそのむね
わたしのためなんかじゃない

最後さいごのキスとって なみだまでながして
まるで自分じぶん一番不幸いちばんふこうかおしてる
明日あしたから気兼きがねせず あのうために
そこまでするあなたに 微笑ほほえんであげたの

むなしさだけが ここにのこって
ステキなおもにさえ させてくれなかったね
のこされたカップをつめた
ずっとずっとずっと つめていた
かろやかな足音あしおとこえなくなるまで

"きみ未来みらいのために きみ笑顔えがおのために
ぼくいますぐきみまえからえる" なんて
いたうそついて きらいにさせたって
おもいたいよ おもわせてよ

あなたしかえなくて 夢中むちゅうこいをしたわたし
かわいそうで可愛かわいくて なみだまらない
しあわせそうなあなたは まだれそうにない
もうつよくはなれない…
だれきしめてて

いつかくれた指輪ゆびわは サイズがわなかった
ブカブカでおもたくて… でもそれでよかった
不器用ぶきようさわがしい薬指くすりゆびを いつも
いじることがきだったの

みっともなくなるほど あなたをあいしたわたし
いつかゆるせるときればいいとおも
なにかをさがすように 時々ときどきしゃべり薬指くすりゆび
だれかをわすれてくれなくても…