1. 古の風吹く杜歌詞

「古の風吹く杜」の歌詞 桑田佳祐

2011/4/12 リリース
作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
文字サイズ
よみがな
hidden
古都こと見下みおろして長谷はせへとくだ
旅路切通たびじきりとおしよ

そこに
今生いまいきる”も“いまき”ひと

はるかな時代とき夢見ゆめみえて
おとずれるとりで

あてなく彷徨さまよおもいが
わたしをこのいざな
いにしえ風吹かぜふもり
黄昏時たそがれどきせつなさに
ひかりかげとが
そんなまちとは
時間ときまった浪漫ろまん舞台ぶたい

波寄なみよせるは由比ゆい浜辺はまべ
とおせみしぐれ

じれば きみこいしや
またえるまで

夕日ゆうひびた電車でんしゃまど
江ノ島えのしまえる

ざわめく木立こだちにかくれた
不思議ふしぎ気配けはい戸惑とまど
このまちから
古刹おてら鐘鳴かねな谷戸やどから
うみへとつづ小路こみち
ひと”は素通すどおりで
魔性ましょう”が跋扈ばっこするのを
きみるだろうか?

あてなく彷徨さまよおもいが
かえらぬひとをもいざな
いにしえ風吹かぜふもり
まつりのあとのせつなさに
ひかりかげとが
そんなまちとは
矢羽放やばねはなったいくさ舞台ぶたい