「声に出して歌いたい日本文学」の歌詞 桑田佳祐

2009/12/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
『汚れつちまつた悲しみに……』 中原中也

よごれつちまつたかなしみに
今日きょう小雪こゆきりかかる
よごれつちまつたかなしみに
今日きょうかぜさへきすぎる
たとへばきつね革裘かはごろも
小雪こゆきのかかつてちぢこまる
よごれつちまつたかなしみは
なにのぞむなくねがふなく
倦怠けだいのうちにゆめ
よごれつちまつたかなしみは
よごれつちまつたかなしみに
なすところもなくれる……

『智恵子抄』 高村光太郎

智恵子ちえこ東京とうきょうそらがないといふ、
ほんとのそらたいといふ。
智恵子ちえこ東京とうきょうそらがないといふ、
わたしおどろいてそらる。
桜若葉さくらわかばあいだるのは、
つてもれない
むかしなじみのきれいなそらだ。
智恵子ちえことおくをながらふ。
阿多多羅山あたたらやまうえ
毎日出まいにちでてゐるあおそら
智恵子ちえこのほんとのそらだといふ。
あどけないそらはなしである。

『人間失格』 太宰治

はじおお生涯しょうがいおくってきました。
自分じぶんには、人間にんげん生活せいかつというものが、見当けんとうつかないのです。
自分じぶん隣人りんじんと、ほとんど会話かいわ出来できません。
そこでかんがしたのは、道化どうけでした。最後さいご求愛きゅうあいでした。
夕立ゆうだちがった放課後ほうかご、「みみいたい」と竹一たけいちると、
ひどいみみだれで、念入ねんいりにみみ掃除そうじをしてやりました。人間にんげん失格しっかく
いまは自分じぶんには、幸福こうふく不幸ふこうもありません。
自分じぶんはことし、二十七にじゅうしちになります。
白髪しらががめっきりふえたので、たいていのひとから、四十以上しじゅういじょうられます。
子供相手こどもあいて雑誌ざっしだけでなく、駅売えきうりの粗悪そあく卑猥ひわい雑誌ざっしなどに
きたないはだかのなどをいて、いていました。人間にんげん失格しっかく

『みだれ髪』 与謝野晶子

やははだのあつき血潮ちしほにふれもでさびしからずやみちきみ
ぶさおさへ神秘しんぴのとばりそとけりぬここなるはなくれなゐ
いとせめてもゆるがままにもえしめよくぞおぼゆるれてはる
はるみじかしなん不滅ふめついのちぞとちからあるにさぐらせぬ
ひとこいをもとむるくちびるどくあるみつをわれぬらむねが

『蜘蛛の糸』 芥川龍之介

あることでございます。
御釈迦様おしゃかさま極楽ごくらく蓮池はすいけのふちを、
ひとりでぶらぶら御歩おあるきになっていらっしゃいました。
この極楽ごくたく蓮池はすいけしたは、丁度地獄ちょうどじごくそこあたっておりますから、
水晶すいしょうのようなみずとおして、三途さんずかわはりやま景色けしきが、
丁度覗ちょうどのぞ眼鏡めがねるように、はっきりとえるのでございます。
地獄じごくそこに、かんだたとおとこ一人ひとりうごめいている。
このおとこは、ひところしたり、悪事あくじはたいた大泥坊おおどろぼう
それでもたったひとつ、こと
蜘蛛くもころさずにたすけてやったからでございます。
御釈迦様おしゃかさま地獄じごく容子ようす御覧ごらんになりながら、
かんだたには蜘蛛くもたすけたことがあるのを御思おもしになりました。
このおとこ地獄じごくからすくしてやろうと御考おかんがえになりました。

『蟹工船』 小林多喜二

二人ふたりはデッキのすりにりかかって、蝸牛かたつむりのびをしたようにびて、
うみかかんでいる函館はこだてまちていた。
かになまくさいにおいとひといきれのする「糞壺くそつぼ」のなか線香せんこうのかおりが、
香水こうすいなにかのように、ただよった……
諸君しょくん、とうとうた!
ながあいだなが間俺達あいだおれたちっていた。
半殺はんごろしにされながらも、っていた。いまろ、と。
しかしとうとうた。
俺達おれたちちからわせることだ。俺達おれたち仲間なかま裏切うらぎらないことだ。
彼奴等如あいつらごときをモミつぶすは、むしケラより容易たやすいことだ。
「おい、地獄じごくぐんだで!」
「ストライキだ。」

『たけくらべ』 樋口一葉

何時いつまでも何時いつまでも人形にんぎょう紙雛あねさまとをあひにして
飯事ままごとばかりしてたらばさぞかしうれしきことならんを、
何時いつまでも何時いつまでも人形にんぎょう紙雛あねさまとをあひにして
飯事ままごとばかりしてたらばさぞかしうれしきことならんを、
ゑゝや、大人おとなるはやなこと
何故なぜこのやうにとしをばる、七月十月ななつきとつき
一年いちねん以前もとかえりたい

『一握の砂』 石川啄木

東海とうかい小島こじまいそ白砂しらすな
われきぬれて
かにとたはむる
いのちなきすなのかなしさよ
さらさらと
にぎればゆびのあひだより
こころよくわれにはたらく仕事しごとあれ
それを仕遂しとげてなむとおも
ともがみなわれよりえらくゆる
はな
ともがみなわれよりえらくゆる
はな
つまとしたしむ
一握いちあくすな

『吾輩は猫である』 夏目漱石

吾輩わがはいねこである。名前なまえはまだい。
吾輩わがはいねこである。名前なまえはまだい。
あるおだやかなおおきなねこ前後不覚ぜんごふかくている。
かれ純粋じゅんすい黒猫くろねこである。
吾輩わがはいねこであるである。名前なまえはまだい。
吾輩わがはいねこであるである。名前なまえはまだい。

『銀河鉄道の夜』 宮沢賢治

銀河ぎんがステーション……
ジョバンニはもういろいろなことでむねがいっぱいでなんにもえずに博士はかせまえをはなれて
はやくおかあさんに牛乳ぎゅうにゅうってっておとうさんのかえることをらせようとおもうと
もう一目散いちもくさん河原かわらまちほうはしりました。