「真夜中のダンディー」の歌詞 桑田佳祐

1993/10/6 リリース
作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
文字サイズ
よみがな
hidden
くらおんな部屋へや
マヌケなはだをさらし
おぼえはじめのあじ
うなじをめて
世慣よなれたウソも
つけないころ
色気いろけなかわれわすれてた
中途半端ちゅうとはんぱ義理ぎり
親父おやじのためにまな
他人ひと顔色かおいろだけをうかが
拍手はくしゅをあびて
かないこと
ちかった日々ひび
無邪気むじゃきわら
ことわすれてた
真夜中まよなかのダンディー
ダンディー
おれきている(oh yeah)
かなしみのダンディー
ダンディー
よごれたの Brother…
このホホをらすのは
鳴呼ああ あめだった
とも政治せいじさけにおぼれて
こえらし
おれはしがらみいて
あこぎな搾取さくしゅなか
まれたことを
口惜くやんだときにゃ
背広せびろなか金銭かね
あふれてた
真夜中まよなかのダンディー
ダンディー
かぜいている (ah ha)
かなしみのダンディー
ダンディー
おなかおの Brother…
かぜあおられて
鳴呼ああ げてゆく

あい平和へいわうた世代せだい
くれたものは
まもるのと
らぬそぶりと
悪魔あくまたましい
となりそら灰色はいいろなのに
しあわせならば
かおをそむけてる
ゆめ希望きぼう現在いま
格子こうしまどそと
なが旅路たびじてに
魅惑みわく明日あしたない
可愛かわいつま
ごもりながら
可憐かれん過去かこ
きっとうれいてる
真夜中まよなかのダンディー
ダンディー
だれっている? (uh hu)
かなしみのダンディー
ダンディー
過去かこにすがる Brother…
そそ太陽たいよう
鳴呼ああ かげ
いとしさをほど
鳴呼ああ いてゆく
またひとつ きえたのは
鳴呼ああ あいだった