「祭りのあと」の歌詞 桑田佳祐

1994/10/31 リリース
作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
文字サイズ
よみがな
hidden
なさけないおとこ御免ごめん
にもつかないおれだけど
なみだをふいて 鳴呼ああ
夜汽車よぎしゃれながら
かざらないおまえれたよ
いつもかせた
はずなのに
きだヨ なんて
もう 言葉ことば出来できない
こいなみだ純情じゅんじょう
きるためにはてよう
今日きょうよごれたひとごみに
背中丸せなかまるめて
かくれてる Oh oh
ねむれないまち
あいする女性ひとがいる
まえだけが
ぬほどきさ
秋風あきかぜの Shadow
わらないなつ
だれかとめぐり
ゆめなか彷徨さまよいながら
なみだてた

それとなく
あのいたよ
だれ大事だいじ男性ひとなのか
こころなかじゃ 鳴呼ああ
無理むりだとりながら
フラれても
くじけちゃ駄目だめだよ
こんなしがないなか
くたびに
もう わかくはないさと
野暮やぼでイナたい人生じんせい
れることなくかたろう
わるさしながらおとこなら
いきやさしい馬鹿ばかでいろ Oh
底無そこなしのうみ
しずめたあいもある
つぶれて夜更よふけにひと
月明つきあかりの Window
かなしみのてに
おぼえたうたもある
むねのこまつりのあとで
花火はなびきた

ねむれないまち
あいする女性ひとがいる
まえだけが
ぬほどきさ
秋風あきかぜの Shadow
わらないなつ
だれかとめぐり
ゆめなか彷徨さまよいながら
なみだてた