「脱・プラトニック」の歌詞 桑田靖子

1983/3/21 リリース
作詞
売野雅勇
作曲
芹澤廣明
文字サイズ
よみがな
hidden
おしえて どうぞあなたから
いくつのかなしみかさねたら
わたし本当ほんとう
あなたのものに
なれるでしょうか
はるめくまちちすくみ
くちびる小指こゆびでなぞってます
あなたの面影おもかげがまぶしくて
うつむきがちな
夕暮ゆうぐれです
むねめた あなたのあわ
おも心乱こころみだれます
きらわれてもきらわれても
あなただけです
はじめての日忘ひわすれられず
むねめます
あいかたおぼえたけど
あいされかた
わすれそうな 16歳じゅうろくさい
はるをまたひとつ
見送みおくります

本当ほんとうとしよりもうえ
られて
あいされていたから
いまではおなどし おとこたち
ものりません
このかみ 二度にどとあなたから
れられることは
ないですか
はしゃいでまち
恋人こいびとたちの
後姿見うしろすがたみとれてます
むねのこるあのゆめ
せないで心乱こころみだれます
きなんです
きなんです
あなただけです
あきらめさえ
できないから
くるしいのです
あいかたおぼえたけど
あいされかた
わすれそうな 16歳じゅうろくさい
はるをまたひとつ
見送みおくります
きらわれてもきらわれても
あなただけです
はじめての日忘ひわすれられず
むねめます
あいかたおぼえたけど
あいされかた
わすれそうな 16歳じゅうろくさい
はるをまたひとつ
見送みおくります