「しあわせ芝居」の歌詞 桜田淳子

1977/11/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きながら
電話でんわをかければ
馬鹿ばかやつだと
なだめてくれる
ねむりたくない気分きぶんよる
物語ものがたりかせてくれる
とてもわがままなわたし
とてもあのひとやさしい
たぶんまわりのだれよりも
とてもあのひとやさしい
恋人こいびとがいます
恋人こいびとがいます
こころのページにつづりたい
恋人こいびとがいます
恋人こいびとがいます
けれどつづれないわけがある
わたしみんな
づいてしまった
しあわせ芝居しばい舞台裏ぶたいうら
電話でんわしてるのはわたしだけ
あのひとからことはない

浜辺はまべたいのとさそえば
鼻歌はなうたまじりにれて
おどりたいと
すねてみせれば
おどけながら
あわせてくれる
部屋へやたずねても
いいかしらと
一度いちどきいてみる
つもりです
きっとあのひと
だめだとは
わないだろうと
おもいます
恋人こいびとがいます
恋人こいびとがいます
こころのページにつづりたい
恋人こいびとがいます
恋人こいびとがいます
けれどどうしても
つづれない
わたしみんな
づいてしまった
しあわせ芝居しばい舞台裏ぶたいうら
いたがるのはわたしひとり
あのひとからことはない
わたしみんな
づいてしまった
しあわせ芝居しばい舞台裏ぶたいうら
いたがるのはわたしひとり
あのひとからことはない