「ひとりの部屋」の歌詞 桜田淳子

1974/8/25 リリース
作詞
久保和子
作曲
高田弘
文字サイズ
よみがな
hidden
おおきなまどのある部屋へや
ほしくなかったのです
ただわたし屋根やねうえほしえるまどが
ほしかったのです
フッカフッカのベットなんて
ほしくなかったのです
ただわたしちいさなちいさな ひざまくらが
ほしかったのです
おおきないすなんていりません
ただクリームいろのいすで
かったんです
あなたとならば
おおきなしあわせなんてほしくなかった…
ただ あのほしのようにちいさくていいから
キラキラひかしあわせが ほしかったんです
わかってほしいのです わたし気持きもちを…
あのときなみだ夜中よなかにそっと
ふいてほしかったのです…
だれもいないあいだ