1. もう一度だけふり向いて歌詞

「もう一度だけふり向いて」の歌詞 桜田淳子

1976/12/5 リリース
作詞
阿久悠
作曲
穂口雄右
文字サイズ
よみがな
hidden
このわたしなにえますか
ちぎれたこころの いたいたしさね
そうわたしいまいってほしいのは
あやまちではない その言葉ことばなの
あなたはかみってしまい
ちがひとのようにえるけど
さよならだけの季節きせつ
もう一度いちどだけふりいて
もう一度いちどだけ

このわたしをとってくれますか
こごえたこころをあたためるよう
学生がくせい時代じだいあまおも
こわれたおもちゃにさせないように
あなたがはな明日あしたゆめ
とおいことのようにおもうけど
さよならだけの季節きせつ
もう一度いちどだけふりいて
もう一度いちどだけ

こわさずに こわさずに
せめて せめて せめて
おもだけでも こわさないで