「乙女の祈り」の歌詞 桜田淳子

1973/6/25 リリース
作詞
阿久悠
作曲
中村泰士
文字サイズ
よみがな
hidden
乙女おとめいのりが きこえてる
わたしはひとりで あるいてる
あのひといえ このあたり
しずかな坂道さかみち ひるさがり
何度なんど何度なんどちどまり
あのまどあたりと のびする
いたいこころ ときめくこころ
わたしの真上まうえにじ

乙女おとめいのりが ふとやんで
まどからあのひと かお
若葉わかばにおいが たちこめた
何故なぜだかうれしい あめあがり
何度なんど何度なんども ふりむいて
ちいさなしあわせ かんじてる
いえないおもい ひそかなおも
わたしの真上まうえにじ