1. 冬色の街歌詞

「冬色の街」の歌詞 桜田淳子

1978/12/25 リリース
作詞
橋本淳
作曲
中村泰士
文字サイズ
よみがな
hidden
ガラスまどをたたくふゆあらし
かけがえのないひとに つつまれていたのに
こころがわり それはわたしなのよ
あやまちをつぐなえる すべもないわ
貴方あなたこえわすれた理由わけじゃない
めぐりいが そうさせたの
きれいなこいなのよ…… だから
だからしあわせこなくても それでいいの

ふゆいろまちけてねむ
このまちのつめたさを 貴方あなたつたえたい
せめてドアの まえあかいバラの
一枝ひとえだがあればいい たびおわ
あいされたくて あいした理由わけじゃない
めぐりいが そうさせたの
きれいなこいなのよ…… だから
だからどんなにつらくても たえているの

だから
だからしあわせこなくても しかたないわ