1. 十七の夏歌詞

「十七の夏」の歌詞 桜田淳子

1975/6/5 リリース
作詞
阿久悠
作曲
森田公一
文字サイズ
よみがな
hidden
特別とくべつあいしてよ 十七じゅうなななつだから
わたしえていいのよ いたりしない
まぶしさがきなのよ 正直しょうじきになれるから
こころのうちのすべてを けられる

こっちへおいでと あなたがうから
裸足はだしけてとんで
ひろげたうでのそのなか
きよきよきよ こんなにも
だれもみなないふり してくれる恋人こいびと
こうして二人ふたりなれたわ
十七じゅうなななつ

特別とくべつあいしてよ 十七じゅうなななつだから
いじめるくらいはげしく もとめてみてよ
いまはみな大胆だいたんに なっていい季節きせつなの
はだかむねにイニシャル 落書らくがきしてよ
とおくへこうと あなたがうから
うたがわないでついて
おおきな背中せなかつめつつ
いいわいいわいいわ どこへでも
だれもみなないふり してくれる恋人こいびと
こうして二人ふたりなれたわ
十七じゅうなななつ

こっちへおいでと あなたがうから
裸足はだしけてとんで
ひろげたうでのそのなか
きよきよきよ こんなにも
だれもみなないふり してくれる恋人こいびと
こうして二人ふたりなれたわ
十七じゅうなななつ