「夏の記憶」の歌詞 桜田淳子

1974/8/25 リリース
作詞
石塚智子
作曲
高田弘
文字サイズ
よみがな
hidden
ちっちゃな少年しょうねん
夕陽ゆうひむかっていました

明日あしたなにをしてあそぼうかな
また ともだちのところにこうかな
それとも シロとうみこうかな

こんなひとりごとをっていた
少年しょうねんかけたのです
どこかに おさなくあどけないかんじが
あったんです
なにわたしあしをとめさせたのでしょう
ドロンコのシャツ?
きずをつけたホッペに なみだのあとがあって
夕陽ゆうひをじっとていたっけ

すえわたしには おとうとのようながしたのか
このわんぱくさが
おれのとりえなんだ というようなかお
わたしのほうをふりいたっけ
ニコッとわらったら
ちっちゃな少年しょうねんもニコッとほほえみ
口笛くちぶえふきながら かえっていった
途中とちゅう つまづいてころびそうになった
後姿うしろすがた印象的いんしょうてきだった

今日きょう あの場所ばしょ
ニコッとほほみ ペコッと
あたまげていくものがあったんです
そうです
あのちっちゃな少年しょうねんだったのです
いまはもう中学生ちゅうがくせい
ひとよりひくかったのが
いまわたしよりずっとたかくなって
また 口笛くちぶえきながらとおりすぎてった
あのぎこちなかった口笛くちぶえいまは…
ちょうと いまおななつ夕暮ゆうぐれだったっけ

今日きょうのこのできごとも
あのなつおもといっしょに
わたしだけのこころのアルバムにのこしておきます