「小さな姫鏡台」の歌詞 桜田淳子

1974/8/25 リリース
作詞
阿久悠
作曲
中村泰士
文字サイズ
よみがな
hidden
姫鏡台ひめきょうだいつめていたら
わたしうそがわかってしまう
ほほえんでせたって
かがみかおわらわない
そんなときには素直すなおになって
はな相手あいてになってもらうのよ
初恋はつこいやぶれた
日記にっきにもけない
わたしこころいつでものぞき
わかってくれる姫鏡台ひめきょうだい
いやなむすめになったとき
いけないことをしたとき
すぐにかなしいかおしてくれる
そしてわたししかりつけるのよ
かくしごとつくった
日記にっきにもけない