1. 恋人たちの港歌詞

「恋人たちの港」の歌詞 桜田淳子

1974/1/10 リリース
作詞
山上路夫
作曲
森田公一
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてよ二人ふたりして みなとへとてみたの
キラキラと船灯せんとう ゆめているみたいにきれい
しろいあのふねり どこかとおくのくに
あなたといま二人ふたり ってみたいらないとこ
みなととおあるいてゆけば とお汽笛きてきるわ

うみぞいのこのおみせ まどぎわへすわったの
うつくしいことばかり なぜわたしとあなたにあるの
あれはギリシャのふねゆびおしえるあなた
二人ふたり なにえずだまってるの
みせまどをふるわせながら とお汽笛きてきるわ

しろいあのふねはまた うみてゆくのでしょう
明日あすもこのあいは きっとなにつけるでしょう
みなとまちわかれてゆけば とお汽笛きてきるわ