「窓」の歌詞 桜田淳子

1982/8/5 リリース
作詞
犬丸秀
作曲
犬丸秀
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたとあのひとしあわせの裏庭うらにわ
懸命けんめいいていた はながあったの
ゆっくりとながれる ゆめのようなロマンスを
をこらし目立めだたずに 見守みまもっていたの

あたためた恋心こいごころ にわのすずめたち
きつけてかなしんで かぜらせた
かぜたちなみだぐみ あのまどたたいた

まど

あなたのあのまどこうがわからこえる
よろこびのあのうたは とてもおおきくなっていた
がつくと二人ふたりにわとおぎて
あのひと無意識むいしきわたしんでいった

蹴散けちらされて くしゃくしゃになったわたしあい
こと出来できずに まど見上みあげた
あのまどわらずに くもりさえしなかった

まど

きぬける時間じかんわたし見放みはなして
むしたちせた いろれてた
よこたえたこのはなしかけるくさもなく
ひからびたはなびらは もうすぐちる

蹴散けちらされて くしゃくしゃになったわたしあい
こと出来できずに まど見上みあげた
あのまどわらずに くもりさえしなかった

まど