「美しい夏」の歌詞 桜田淳子

1980/4/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
みんな何処どこってしまう
あざやかにわかれのって
しあわせを ひとりはかみしめて
さびしさに ひとりはきながら
みんないつでもあし
青春せいしゅんのとびらをしめてゆく
おもをたずさえ いつの出会であいましょう

おな青春せいしゅん あるきつづけて
ふとがつけば わかれみち
故郷こきょうかえった友達ともだち
手紙てがみもいつか 途切とぎれたわ
あのころなやけあった
すずしいをしたあのひと
結婚けっこんしますと だけげて
とおくへはなれてく

みんな何処どこってしまう
あざやかにわかれのって
それぞれのなみだにくれながら
った あの
えなくなって 何年なんねんですか
わたし名前なまえおぼえてますか

ひとりひとりのこころにひとつ
いまうつくしいなつがある
せてはかえ潮騒しおさい
わらいはしゃいだこえのよう
きらめくわかきかえにして
ひとにするものはなに
なみだかたち貝殻かいがらこころのこるだけ

みんな何処どこってしまう
あざやかにわかれのって
それぞれのなみだにくれながら
った あの
えなくなって 何年なんねんですか
わたし名前なまえおぼえてますか