「MISS KISS」の歌詞 桜田淳子

1979/5/25 リリース
作詞
阿久悠
作曲
佐藤準
文字サイズ
よみがな
hidden
だれのためのあかくちびる
MISS KISS MISS KISS
あまりになやましぎる
なつよるこい泥棒どろぼう
ねむりにちれば
だれかがまどからはい

闇夜やみよぬすまれたらこま
つきよるあいをそえ あげる
ふかうみねむりの美女びじょには
小指こゆびをふれても
おもたくきびしいつみになる

ぬれたはだにからむビキニは
おとこ火薬かやく
真赤まっかほのおをつける
きみのためにだれかれもが
ゼンマイ仕掛じかけの
野獣やじゅうかわってしまう

すなうえのサボテンのはな
可憐かれんえても
チクリとつきすとげがある

きみがもしも浮気者うわきものなら
だれもが突然とつぜん
しあわせ気分きぶんになれる
あかれたあまわな
M・I・S・S K・I・S・S
MISS KISS
つけながらふかいためいき
M・I・S・S K・I・S・S
MISS KISS

だれのためのあかくちびる