1. いつかさらばさ歌詞

「いつかさらばさ」の歌詞 森山直太朗

2002/10/2 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗
文字サイズ
よみがな
hidden
もしもきみこころなき言葉ことばきずついたとしても
ぼくにできることといえばそれを茶化ちゃかしてやれる程度ていど
とくいたセリフのわせなんてないけど
時間じかんゆるかぎきみよこでおちゃらけていたいよ

そうさこれがぼくのすべてさ どうせいつかはさらばさ

ぼくきみについてなにっていることといったら
きみ紅茶こうちゃ砂糖さとうみっれるってことだけさ
こんなかたじゃ誤解ごかいまねくかもしれないけれど
他人ひと二人ふたりでいるにはそれぐらいが丁度ちょうどいいんだ

そうさ合言葉あいことばはいつでも どうせいつかはさらばさ

みみつんざくほどにひび沈黙ちんもくつぶすように
きみく「ねえ、わたし一体いったいあなたのなんなの」
そんな時僕ときぼくわらってうのさ「どうせいつかはさらばさ」

そうだきみひとつだけいておきたいはなしがあるよ
きみぼく世界せかい一番大切いちばんたいせつうけれど
世界せかいがどれほどのひろさかなんて皆目見当かいもくけんとうがつかないぜ
つまりきみひとみおくうつっているのは本当ほんとぼくなのかい

あらゆるすべてのことを二人ふたりかちおうとしたとき
ぼくはじめて本当ほんと孤独こどくあじわうことになるのやも
そしてひと彷徨さまよあるつづける寒空さむぞらした
あらためておたがいの大切たいせつさにづけるがくるぜ 確信かくしんはないけど

そうさそれがいまこたえさ どうせいつかはさらばさ

どこにでもころがっているよなかたちのないしあわせのなか
たまにおもぼくはこのさきどこへくのだろう
それはそうと今夜こんやつきがキレイ ねえ、どうせいつかはさらばさ

いとしさもせつなさもきみおもうが故生ゆえうまれるもので
だからそむけることなくれなきゃならないことなんだろう
そうさこれがぼくのすべてさ どうせいつかはさらばさ