「コンビニの趙さん」の歌詞 森山直太朗

2014/11/19 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗,御徒町凧
文字サイズ
よみがな
hidden
うららうらうら はるうらら
サンダルのおとひびかせて
素直すなおになれない 散歩道さんぽみち
ごめんなさいと ひと

大人おとなになるって どんなこと
派手はでくるまばしてる
明日あしたあさしょくパンを
さがもとめる 漂流者ひょうりゅうしゃ

コンビニのちょうさん 笑顔えがおでレジをたたいてる
あたためますかと ななめにくびかたむけて
コンビニのちょうさん かみひとつにまとめてる
すべてのたましいよ またまで

としたコインの 表裏ひょうり
人生じんせいはいつも タラとレバ
百年ひゃくねんったら またおいで
そのときここは ちがくに

コンビニのちょうさん ちかくのえきかけたよ
細身ほそみのジーンズで かたにカバンをかけていた
コンビニのちょうさん 名札なふだかおはノーメイク
透明とうめいちかあおそられた

コンビニのちょうさん
すべてのたましいよ またまで