「友達だと思ってたのに」の歌詞 森山直太朗

2010/12/15 リリース
作詞
森山直太朗
作曲
森山直太朗
文字サイズ
よみがな
hidden
友達ともだちだとおもってたのに きみぼくげた
みんながやれと けしかけて
きながら ろしたこぶし

友達ともだちだとおもってたのに きみはもうてくれない
こうしてぼくは いるのにさ
空気くうきのように 空気くうきのように

友達ともだちだとおもってたのに おもってたのはぼくだけさ
わるいことって なんだろう
だれいたら いいんだろう

昼下ひるさがりの公園こうえんで ブランコにられてる
友達ともだちだとおもってたのに そのことがかなしくて
かなしくて

友達ともだちだとおもってたのに きみぼくげた
なみだもでない くやしさを
みんなどうして いるんだろう

ひとのいない歩道橋ほどうきょう さわがしい町並まちな
友達ともだちだとおもってたのに きみいまどんな気持きも
どんな気持きも