「坂の途中の病院」の歌詞 森山直太朗

2007/8/8 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗,御徒町凧
文字サイズ
よみがな
hidden
さか途中とちゅう病院びょういん患者かんじゃさんは
おもなつ亡霊ぼうれいたち
かれらは慢性まんせいのアトピーをなおすために
ニンニクの首飾くびかざりをして
つきのカケラのくついている
早起はやおきが苦手にがてかれらは
診察しんさつ機嫌きげんわる
かっここの病院びょういん診察時間しんさつじかんあさ九時くじまでなのだ!かっことじる

さか途中とちゅう病院びょういん院長先生いんちょうせんせい
白衣はくい似合にあ初老しょろう紳士しんし
かれはギャンブルとアンチョビにはがなくて
聴診器ちょうしんきなかにラジオを仕込しこんでいる
くすり調合ちょうごうをダーツでめて
天気てんきわるいとうそ診察しんさつをする
だけどこのあたりにはほか病院びょういんがないから
さか途中とちゅう病院びょういん今日きょう大忙おおいそが
院長先生いんちょうせんせい去年きょねんのクリスマスに
三台目さんだいめのキャデラックを購入こうにゅうした

さか途中とちゅう病院びょういんこった
いくつかのまわしき出来事できごと
その話題わだいれたものはたとえだれであろうと
はじめからこの
いなかったことにされてしまう
総理大臣そうりだいじんだろうと掃除そうじのおばちゃんだろうと
そこに区別くべつ存在そんざいしなくって
ある意味いみ平等びょうどうだとえることが
さか途中とちゅう病院びょういんらしさでもあるから不思議ふしぎ
今夜こんやてられたねこ
どこからともなくあつまってくる
ねむれないほどのごえなのに
ごえねむれない」なんて
苦情くじょう人間ひと誰一人だれひとりいないんだってさ

さか途中とちゅう病院びょういん良心的りょうしんてき有名ゆうめい
看護婦かんごふさんたちはとっても丁寧ていねい
わすものをしたって真夜中まよなかだって
いえまでとどけてくれる
子供こどもばした鼻糞はなくそだって
とどけてしまうこともあるくらい
水道水すいどうすい部屋へや温度おんど
いつでも患者かんじゃさんの体温たいおん
おなじにしてあって
あんまりながあいだそこにいると
自分じぶん存在そんざいさえわすれてしまうくらいなんだ

さか途中とちゅう病院びょういんにまつわるよっつのうわさ
ひとうわさ
ふたうわさ真実しんじつだってこと
ふたうわさ
みっうわさ出鱈目でたらめだってこと
みっうわさ
よっうわさ本当ほんとういつうわさだってこと
よっうわさ
ひとうわさ気紛きまぐれだってこと
さか途中とちゅう病院びょういん今日きょう大忙おおいそが

待合室まちあいしつただよっている
バニラビーンズのかおりは
むかし行方不明ゆくえふめいになった友達ともだちんでいた
ボロアパートのにおいによくている
診察待しんさつまちのれつまぎんだひつじたちのれが
そこをいつまでもいつまでも
くる
楽園らくえんだとおもんでいる

きもせず定期健診ていきけんしん