1. 太陽歌詞

「太陽」の歌詞 森山直太朗

2004/1/10 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗
文字サイズ
よみがな
hidden
ちょっと一曲歌いっきょくうたわせて
いま いておきたい
ことがある
いつかぼくも あなたも
白髪しらがになって
わすれてしまうだろうけど
駅前えきまえのオープンカフェで
暇潰ひまつぶ
ぼんやりと
とおりをながめていたんだ
ほら また
縦列駐車じゅうれつちゅうしゃで ぶつけてる
たいしていそ理由りゆうなんて
ないのにね
昨夜ゆうべ
ニュースのことだけど
ある事件じけんつかまった
犯人はんにんかお
うれしそうだった
たくもない現実げんじつ
ナイフでいた
ただ それだけのこと
このしろ
キャンバスに
あなたなら
なにえがきますか
自由じゆう" というふで
目眩めくるめく些細ささいなやみは
とりあえずいま
いておいて
そのうち
わすれればいい
携帯電話けいたいでんわ長話ながばなし
話題わだいあとからついてくる
あら まあ
みんな一緒いっしょ綱渡つなわた
流行はやすたりにぶらがり
さっきべた
カレーパンの
賞味期限しょうみきげん
とっくにれていたんだ
づくのがすこ遅過おそすぎた
ただ それだけのこと
花咲はなさほこ
このちいさな列島しま
これ以上いじょう
なにのぞみますか
殿様とのさまじゃあるまいし
とおかぜさそわれて
土筆つくし子供こども
かおした
いつかの
あなたのように

銀河ぎんがかぶ
この辺鄙へんぴ惑星ほし
六十億分ろくじゅうおくぶん物語ものがたり
それはわらない約束やくそく
草木くさきねむ
あのせいなるよる
偶然ぐうぜん あなたが
まれちた
かがや奇跡きせき
かがや奇跡きせき
かがや奇跡きせきしんきる
きる