1. 恋しくて歌詞

「恋しくて」の歌詞 森山直太朗

2006/10/25 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗,御徒町凧
文字サイズ
よみがな
hidden
あれはもうぎた出来事できごと きみといたあの季節きせつ
わらばなしにはまだほどとおくって てられない宛名あてなのない手紙てがみ

どこからかもうふゆ足音あしおと いろめくまちのショーウィンドー
道行みちゆひとはなぜかよそよそしくて こごえるむね

モノクロの世界せかい いきうしなったまま

こいしくて こいしくて
きみんだ 綿雪舞わたゆきまそら
かえらないおも
しろもり こころなかけてゆく

いつまでもきみはなさないよと つよきしめたけど
そんなにしたら私苦わたしくるしいよって わらわれたね

たまプラーザゆきのバスにられ二人ふたり 何処どこへでもけるがしてた
ときながれをわすれてしまうほどに つめった

せつなくて せつなくて
追憶ついおく季節きせつもてあそんでみても
燦々さんさんそそ
あわひかりいま にじなみだかすんでる

傷付きずつけたくないとねがうことで きみ傷付きずつけてしまった
そのあやまちにむねまるよ 今更いまさら

こいしくて こいしくて
きみんだ 綿雪舞わたゆきまそら
かえらないおも永久とこしえふゆえて―――

こいしくて こいしいほど
しんえたあのあいうそじゃないっておもえる
いつのにか んだゆきそらてしなくひろがっていた
かえっちゃいけないんだね
きみのいないこのみち

きみのいないこのみち