「愛のテーゼ」の歌詞 森山直太朗

2006/9/13 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗,御徒町凧
文字サイズ
よみがな
hidden
なが坂道さかみちを どこまでもころちるように
かがやきながらとき今更いまさらながらきみ

くら地下鉄ちかてつで ネバネバと油売あぶらうっていたら
トグロのようなきりほうみちびかれ

言葉ことばは カラカラになって空回からまわ
なにわずにえたなら ラララそれがあいのテーゼ

てて どーのこーの とかわけじゃなくて
ただきみぼく好奇心こうきしん
あ、そうだ いつか ラスベガスでもって
とてもステキなショーでもよう そうだそうしよう

そしてぎて クルクルとめぐおもいもたげ
ころばぬさきつえはなし あんずるだけの意気地いくじなし

見果みはてぬそらから がったあかいと
からめたゆび永遠えいえんつむぐ ウルルそれもあいのテーゼ

なしくずしで やいのやいの 愚痴零ぐちこぼしたかないって
まあきみぼく救世主きゅうせいしゅ
ね、輪廻りんね 輪廻りんね 季節きせつめぐめぐっちゃう
きみぼくえてなくなる またとおざかる

あんまり調子ちょうしのいいことつくろってばかりじゃ
本当ほんとうのホントのトコロはつたれないよ
ABC重エービーシーかさねてひびえたらいいのになんて

あらたまって どーのこーの てうか、そんながらじゃないって
ただきみぼく方位磁針ほういじしん
あ、そうだ いつか パラダイスでもって
がな優雅ゆうがにおちゃでもしよう そうだそうしよう
そんでエステもしよう