1. 虹歌詞

「虹」の歌詞 森山直太朗

2006/11/29 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗,御徒町凧
文字サイズ
よみがな
hidden
ひろがるそらぼくいま おも
はだぬくもりと よごれたスニーカー
ただくもなが

きらめ日々ひびきみはまた ゆび
なみのさざめきと うらぶれた言葉ことば
とおそらさがした

よろこびとかなしみのあいだつかというときがあり
いろのない世界せかい 不確ふたしかなものこわれないようにかくってる

ぼくらの出会であいを だれかがわかれとんだ
雨上あめあがりの坂道さかみち
ぼくらのわかれを だれかが出会であいとんだ
ときぎいつか らないまちきみのことをおもっている

かぜになった日々ひび空白くうはく空々そらぞらしいうたせて
未来みらい目指めざした旅人たびひとわらう アスファルトに芽吹めぶくヒナゲシのように

ぼくらのよろこびを だれかがかなしみとんだ
かぜれるブランコ
ぼくらのかなしみを だれかがよろこびとんだ
明日あしたへとつづ不安ふあんげなそら色鮮いろあざやかなにじかっている

ぼくらの出会であいを だれかがわかれとんでも
いたずらときながれていった きみぼくひかりのこして