「パピエ」の歌詞 森山良子

2007/1/24 リリース
作詞
松井五郎
作曲
森山良子
文字サイズ
よみがな
hidden
まだおぼえていますか
はじめて出逢であったのこと
そこは坂道さかみち だまりで
ふれたまなざし

ときがどこへ ゆくのか
あのころはまだらずに
やさしいこえをあずけ
ゆめていた

いつも いつも かぜかれながら
いまも いまも こころだけは わらないまま
めくりめくる日々ひびは ただしろページ
なみだのあとも おおうように 明日あしたつづ

たそがれどき 窓辺まどべ
ともかりが つながる
路地ろじをまがれば あなたにふと
えるがする

たったひとりくらいなら
おもつづけてもいいでしょう
そらにひろがる ほしよりも
よるはみじかい

いつも いつも みちまようけれど
どんな ときも こころだけは そばにあるから
めぐめぐ日々ひびに それぞれのおも
いまのわたしを かけてくれたならいいのに

いつも いつも かぜかれながら
いまも いまも こころだけは わらないまま
めくりめくる日々ひびは ただしろページ
なみだあとおおううように 明日あしたつづ
いつかどこかで かけてくれたなら いいのに