「6つの来し方行く末」の歌詞 森山良子

2011/7/27 リリース
作詞
鈴木慶一
作曲
岡田徹
文字サイズ
よみがな
hidden
八月はちがつまれ かげとし
さがしてるあいだ月日つきひ
なつると おもうのは 日差ひざまぶしくて
うしなったものかびがればと

十一月じゅういちがつには コートはおって
かなしみの住処暖すみかあたためるよ
しろがけうえかぜんで
これまでのみちばせればと

師走しわすまれて かたることは
あんまりいけど 一言ひとこと おう
つぎとしるたびに すべてをわすれて
赤子あかご姿すがた朝寝出来あさねできればと

二月にがつわりは いつなんだろう
かんがぎても 仕方無しかたないこと
はるなつ秋冬あきふゆも いつもぼくたちは
仕事しごとをしてきた それでいいんだろうと

四月しがつ毎日まいにち つづくのなら
はなあげられるよ かれきみ
誕生日たんじょうび じゃなくても にすることはない
昨日今日明日きのうきょうあした つづければと

五月ごがつなかばに ひとえる
としかぞえたら ここにいるのが
わかることも たくさんある わからないことも
えてえてくよ なつようとも