1. キミ歌詞

「キミ」の歌詞 森恵

2010/7/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あいしてたはずなのに見失みうしなっていく
すこしずつわっていくキミに
気付きづかずにあまえてはきずのこしてく
ぼくはなれていくキミ

いつものように微笑わらうから ちゆくなみだ気付きづかずに
ぼくがいる意味いみくした 一番近いちばんちかくにいたのに

この両手りょうてめるものくらい
まもれるとおもってた

あいしてたはずなのに見失みうしなっていく
すこしずつわっていくキミに
気付きづかずにあまえてはきずのこしてく
ぼくはなれていくキミ

キミが微笑わらってくれるなら 不安ふあんにさせないとちかった
もう二度にどもどれない時間じかん しあわせにまってた日々ひび

ちいさなテーブルにのこされた手紙てがみ
ぼくはまだてられない

あいしてたはずなのに見失みうしなっていく
すこしずつわっていくキミに
気付きづかずにあまえてはきずのこしてく
ぼくはなれていくキミ

きしめて きしめて はなれないように
めることが出来できたかな?
めていく きみつかめないまま
ぼくはなれていくキミ

あいしてたはずなのに 見失みうしなっていく
すこしずつわっていくキミの
やわらかなおもだけぼく身体中からだじゅう
けてわすれられないよ
ぼくあいしていたキミ