「傷」の歌詞 森恵

2011/4/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあ間際まぎわ海岸かいがんつづみちらす くすんだ街灯がいとう
ころびそうな足元あしもと不規則ふきそくにちかちかけるあかり

いっそこのそらが このうみ
かくしてくれたら
くるしみながら我慢がまんしながら
きなくてもいいのに

きっとこころにはらせないやみがあるから
キラキラかがやくものにあこがれて
やみつつまれる夜空よぞらさえ
見上みあきながら
明日あすつづとびらさがしてる

しろ浜辺はまべころがるようにそべり じてみると
なみ寝息ねいきおもたちがましてざわめき

くように すように
あかよどんだままの過去かこ
かなしむひときしめるため
やさしさにわるのか

ずっとこころにはいやせないきず「があるから
まもるようにかくしてきている
どんなくるしみもいたみさえってくれる
クスリのようなだれさがしてる

つづけても辿たどけない『自由じゆう』には
さみしくてつめたい孤独こどくくさりつながれてるの?

ずっとこころにはいやせないきずがあるから
まもるようにかくしてきている
どんなくるしみもいたみさえってくれる
クスリをさがもとめている
きっとこころにはらせないやみがあるから
キラキラかがやくものにあこがれて
やみつつまれる夜空よぞらさえ見上みあきながら
明日あすつづとびらさがしてる