「路上の鳥」の歌詞 森恵

2014/2/19 リリース
作詞
松井五郎
作曲
森恵
文字サイズ
よみがな
hidden
ビルのかげあふれる
かえみちさがしてる靴音くつおと
てる場所ばしょさえも
らずにいるとりれのようだ

そのどこかにいま わたしがいる
きっと あのわたしがいる

いつかはねをひろげて
なにができるかためしたかった
はじめてひとり
たったひとり
このまち
かぜ行方ゆくえが どこまでも
つづくのなら

仲間なかまたちのアドレス
ときはひとりずつ上書うわがきしていく

まだおもには だれかがいる
ずっと いたいだれかがいる

いつかなにもないそら
なにができたかつたえたかった
ときまった
かわいた路地ろじ
こうがわにも
ほしひかりがかならず
えるのなら

どれだけたか どれだけくのか
ばたいてれば わかるはずだろう

なにもないそら
はねをひろげて
ためしたいんだ
はじめてひとり
たったひとり
このまち
かぜがまださき
つづいてゆくのなら