「ふるさと日和」の歌詞 森昌子

1983/4/5 リリース
作詞
杉紀彦
作曲
森田公一
文字サイズ
よみがな
hidden
あのひといたくなって
あのひとのふるさとへたの
ふるさとへたの
おもばなしはいいにお
わたしつつんでくれるから
なんとなくぬくもる ふるさと日和びより

とおゆめいかけて
なつかしい裏山うらやまへのぼる
裏山うらやまへのぼる
あそんだ仲間なかまはどこにいる
なみだこころけて
かぜひとつやさしい ふるさと日和びより

わらぶきの屋根やねさええず
歳月さいげつにふるさともかわる
ふるさともかわる
けれどもなまりがあたたかい
あいさつ言葉ことばもあたたかい
あのひとによくた ふるさと日和びより

やすらぎにいたくなれば
いつかまたふるさとへよう
ふるさとへよう
つかれたこころにしみじみと
季節きせつながめがしみるだろう
そのまでよろしく ふるさと日和びより