「信濃路梓川」の歌詞 森昌子

1980/6/21 リリース
作詞
いではく
作曲
遠藤実
文字サイズ
よみがな
hidden
かなかないてるひぐらしが
こころにしみこむ昼下ひるさが
信濃路しなのじ 梓川あずさがわ ひとりたび
竹籠たけかご背負せおったおばさんが
やけしたかおをほころばせ はなしかける
ふとうかぶやさしい あのひとのかお

みじかなつおしむよに
コスモス垣根かきねに もたれてる
信濃路しなのじ 梓川あずさがわ ひとりたび
笹舟ささぶねながしてとどくなら
わたしにもおもとどけたいひとが ひとり
ふとうかぶやさしい あのひとのかお

みどりかぜ縁側えんがわ
ふるびた時計とけいときをうつ
信濃路しなのじ 梓川あずさがわ ひとりたび
いつのか ふたりでませんか
絵葉書えはがきいておくります こいごころ
ふとうかぶやさしい あのひとのかお