1. 夕子の四季歌詞

「夕子の四季」の歌詞 森昌子

1979/1/21 リリース
作詞
阿久悠
作曲
出門英
文字サイズ
よみがな
hidden
ふゆはなおわころかぜのつめたさ
はるがそこにあるとおもえば なおさむ
こころなしかひとかおも つらくかんじて
言葉数ことばかずも あえてすくなくごします

夕子ゆうこべにをひきたい 日暮ひぐ
あなたは わかってくれるでしょうか
おもおもわれ おもいがつづき
おもわれほしえました

なつあめ屋根やねたたとおぎたら
心細こころぼそあきがひんやり しのび
めぐ四季しきひとむねめる絵筆えふで
おもいながら なみだぐんだりわらったり

夕子ゆうこかみをきりたい ふけ
あなたは かんじてくれるでしょうか
たす がつづき
夕子ゆうこ四季しきぎました

たす がつづき
夕子ゆうこ四季しきぎました