「白樺日記」の歌詞 森昌子

1973/8/25 リリース
作詞
阿久悠
作曲
遠藤実
文字サイズ
よみがな
hidden
"おにいさんとあまえてた……
それがわたし初恋はつこいでした"

白樺林しらかばばやしほそみち
名前なまえきざんだをさがす
こころでどんなにさけんでも
いまではとどかぬとおいひと
わすれられないおにいさん
おもばかりのおにいさん

湖畔こはん秋風あきかぜわたるころ
手紙てがみ何度なんどみかえす
わたしこころらないで
たのしい都会とかいのことばかり
わすれられないおにいさん
もう一度いちどいたいおにいさん

なみだでにじんだ日記にっきだけ
せつない初恋はつこいっている
かわしたことばのひとつずつ
いまでもおぼえているわたし
わすれられないおにいさん
こころささげたおにいさん

"白樺林しらかばばやしにはもうだれもいません
とてもさびしい季節きせつです"