1. 銀のライター歌詞

「銀のライター」の歌詞 森昌子

1979/6/5 リリース
作詞
阿久悠
作曲
猪俣公章
文字サイズ
よみがな
hidden
まえおおきくなったなら
恋人こいびと同士どうしになろうねと
冗談じょうだんみたいにあのひとが
わたしにこっそりいったのは
五年ごねんまえあきのこと
わたし十五じゅうごになったころ

まえ十五じゅうごちがうけど
それでもいいかとわらってた
ふとした言葉ことばのいたずらが
それからこころをはなれずに
こいする年令としになったのに
わたしはなぜだかひとりきり

五年ごねんこいしたひとなのに
いまではうわさもえたまま
わたしがあのおもうのは
さびしいぐれにあのひとの
ちいさなぎんのライターで
かすかなほのおをつけるとき
かすかなほのおをつけるとき