「教室」の歌詞 森翼

2009/3/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
くろだった
それがはじまりだった
なんかひとおおきなおとがして
ゆっくりといろがついた
両腕りょううでかこんだあたまこして
筆箱ふでばこひろったきみ
った
あのおと犯人はんにんきみ
なんなんだこれは
おれぼけてんのかな

なんだかになってしまって
視線しせんさきには
きみがいた きみがいた
またいそうになって
そらしたけれど
やめとけってあたまって
言葉ことばになっていないからまた
またすぐにきみ
きみるんだ

しろだった
おれあたまなか
なにひとちいさなはじけて
ゆっくりといろがついた
このいろ犯人はんにんきみ
大袈裟おおげさおれ
せきばらいがきみぶよ
なんだかになってしまって
もう上手うまれない
おれがいた おれがいた
まだまだひろがっていきそうな
おれなかいろ
やめとけってさえてたって
よこでもう一個いっこはじけた
いろがあるよ
きみいろ
ひろがるよ

なんだからない感情かんじょう
くもぞらこう
きみがいた きみがいた
また出会であことなんてないよ
きっとこれがおれ
初恋はつこいって大人おとなになって
気付きづいてたんじゃ
おそいから
またきみ
たしかめようと
きみるんだ