「雨傘物語」の歌詞 森翼

2008/5/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
りはいな
したこたえに
ぼくっちゃった
きみっちゃった

はなばなれになるあめって
うそみたい 背中せなかとおざかった
「あの」はおとててくず
昨日観きのうみ映画えいがのチケットを
ぐしゃぐしゃの2人ふたりのチケットを
しずかにひろげてる

不揃ふぞろ町並まちなみが
不規則第六感ふきそくだいろくかん
愛変あいかわらないぼく
きみさがした

ひとつまたひとおとずれる 季節きせつえがいたおも

半年後初はんとしごはじめてつないだ
すこ強引ごういんにもった右手みぎて
はなさない」とちかほど
あの曲流きょくながれるとおもすよ
めちゃくちゃな僕等ぼくら足音あしおと
もう一度聴いちどきかえ

ひとつまたひとおとずれる 季節きせつえがいたおも

きみこと おもわないはないよ
きみかさになれないままだった」
水留みずたまりにうつこころ
きみないだけのこの世界せかい
きみりない」とおもわぬように
雨音あまおとにせず「あの」にるよ