1. うさぎ歌詞

「うさぎ」の歌詞 森進一

1989/8/21 リリース
作詞
保富康午
作曲
猪俣公章
文字サイズ
よみがな
hidden
あの
ほんとにあつかった
むらへとつづしろみち
かげろうだけが
れていた
夢中むちゅうでぼくは はしってた
かあさんってて すぐかえ
大事だいじ仕事しごと わすれてた
女手おんなでひとつで
ぼくたちを
そだてて くれた かあさんは
おとしたかたで うなずいて
とおくのむらを みつめてた
まずしくひなびた あのむら
かなしくてた ふるさとさ

親子おやこ荷物にもつちあって
真夏まなつみちみなとまで
おさないすえおとうと
つかれて いて
しゃがみこむ
おぶってやろうとおもっても
ゆるしておくれ 無理むりだった
(セリフ)
ようやくみなといたとき
突然とつぜんぼくは おも
小学校しょうがっこう夏休なつやすみに
うさぎのかかりをしてたこと
このまま
かけてしまったら
うさぎはえてぬだろう
あわてて
ぼくだった
今来いまきみち学校がっこう
おなかを かす
つらさなら
だれよりぼくがっている
ちかねていた
うさぎたち
さしすエサにんでくる
ほこりにまみれて
たどり
みなとふねは もういない
今度こんどふねるまでに
どれだけながつことか
それでもかあさん
ひとことも
しからずぼくに ほほえんだ

かあさんなにより うれしいよ
こんなにつらい ときでさえ
やさしいこころ わすれない
おまえはつよおとこ
めったに
かないかあさんの
まぶたがれてひかってた

あれから何年なんねんたったかな
くるしいときるたびに
しろいうさぎを おも
かあさんのおも
いっしょうけんめい
きてます
かあさんほめてくれますか
いっしょうけんめい
きてます
かあさんいてくれますか
かあさん…
かあさん…
かあさん…
かあさん…